便秘になってしまったときの対処法|普段の生活から見直すことが大事

女の人

善玉菌を増やそう

ボディ

体に様々な不調をもたらすことで知られる便秘。便秘になってしまう原因には様々なことが挙げられますが、特に食生活が大きく関係しているといわれています。肉や脂肪分の多い食生活を送っていると、腸内に悪玉菌が繁殖してしまい、やがて便秘の症状を引き起こしてしまいます。繁殖した悪玉菌は、良い働きをしてくれる細菌まで壊してしまう作用がありますので、老廃物をうまく排出することができなくなります。症状を改善するには、腸内に繁殖した悪玉菌を排除して善玉菌を増やすことが不可欠となります。善玉菌はどのようにすれば増えるのかをご紹介していきます。

腸内に善玉菌を増やす方法としては、食物繊維を含む食材を食べるようにすることが一番です。食物繊維には、腸の中を綺麗に掃除してくれる効果が期待できます。繁殖してしまった悪玉菌を攻撃して、善玉菌の数を多くしてくれますので便秘解消に非常にいい働きをもたらしてくれるでしょう。そのほか、整腸作用のある食材を食べるようにすることも便秘に効果的です。主に乳製品や発酵食品などが症状を緩和させてくれるといえます。ヨーグルト、チーズ、キムチ、納豆などといった食品を積極的に摂ることで、便秘の症状は次第に良くなっていくことでしょう。また、食材のほかにも決まった時間に食べることも便秘に効果的といわれています。朝・昼・晩と三食きちんとバランスの取れた食事を摂取することで、腸内を綺麗にすることができ、便秘に大きく働きかけることができます。